クロイワザサ

イネ科 クロイワザサ属


砂浜に生える匍匐性の多年草で、節から10センチほどの稈を直立し(撮影は2センチほど)、1〜1.5センチほどの穂状花序に白色の小花をクシ状に咲かせる。
葉は線状長楕円形で、鮮緑色、鞘には絹毛がある。
トカラ列島以南の琉球各島に分布する。



〜徒然想〜

最後の観察地の砂浜で見つけたが、一度見失い、この辺にあったんだがーと、大のおとな4人で砂浜を屈んで探し回ることになってしまった。思い出すとすこし滑稽。
手抜きの撮影となったが、それほど稀少な植物ではなく、琉球各島によく見られるということで、安心しました。またの機会もあるでしょう。

見覚えのある浜で一休みです。横着したクロイワザサの撮影場所です。
前は3月、今は12月。クロイワザサは、今でも盛期のように花を付けています。


2007.3.18 沖縄県(本島)
2007.3.18 沖縄県(本島)
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery