クロバナヒキオコシ

シソ科 ヤマハッカ属



山地〜亜高山帯の林縁や草地に生える多年草で、高さは50〜150センチ。茎は4稜があり、下向きの細毛がある。葉は対生し、三角状広卵形、縁には鋸歯があり、先は尖る。葉の表面にはまばらに毛がある。
花は茎の上部で集散花序が集まり、円錐花序となる。花冠は暗紫色で長さ5〜6ミリ。上唇は浅く4裂し、下唇は舟形。花期は8〜9月。北海道〜本州日本海側に分布する。



〜徒然想〜

背丈が高くて、花が上の方に付き小さいので、撮りにくい植物です。
今日のように風があるとよく揺れて、一層撮りにくくなります。花の顔を撮ろうとしましたが、輪郭もよく分からない真っ黒ちゃんが残りました。

そういえば、花仲間に「真っ黒ちゃん」のハンドルネームをもつ女性がいます。機会がありお会いしましたが、上品な真っ白ちゃんでした。


−同じ科の植物−

2009.8.30 長野県白馬
 2009.8.30 長野県白馬    2009.8.30 長野県白馬