コヨウウラクツツジ

ツツジ科



針葉樹林帯を抜けて視界が開け、ところどころに雪が残る低木地帯に入ります。日当たりが良く、多くの草木が葉を伸ばし始めています。
さあ!これから高山のシーズンが始まると思うと、心が弾みます。
そんなとき、いち早く見つかるのがこの花です。花というには花らしくなく、まるで実のような扁平壺形の花を咲かせます。
このときは、枝にはまだ葉が展開していません。葉は花が終わる頃、枝の先に展開します。

亜高山〜高山の低木林に生える落葉低木だが、2メートルほどになることもある。登山道では目の前に現れることが多いが、小さく目立たないので、見過ごすかも知れない。

2004.6.4 長野県八ヶ岳
2004.6.4 長野県八ヶ岳
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery