コメツツジ

ツツジ科 ツツジ属



山地〜亜高山帯の岩場などに生える落葉又は半落葉低木で、高さ2メートルほどになる。葉は楕円形又は倒卵形で、両面や縁には毛が多い。
枝先に、白色で直径1センチほどの花を付ける。花期は6〜8月。北海道〜九州に分布する。



〜徒然想〜

全く、白い花を撮るときには気を遣いますね。理想は、白い中にも花弁の凹凸があり陰があるので、これを写し込みたいのですが、多くは白く飛んでしまったり、露出をマイナス補正すると周りの葉などが暗くなっていまいます。
白い花はプラス補正と、ものの本には記載されていますが、白く飛んでしまいそうで、勇気がわきません。

カメラを新しくしての至仏山は、きれいな白を求めて2週連続の花散歩になってしまいました。それでも、満足な白は得られていません。

5年後、白馬岳で見る機会がありました。やや終わりかけですが、やはり白は難しいです。


−同じ科の植物−

2008.7.20 群馬県至仏山
2008.7.20 群馬県至仏山 2008.7.20 群馬県至仏山
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery