コマツヨイグサ

アカバナ科 マツヨイグサ属



海辺に咲く花を探しに出て、三浦や伊豆の海岸でよく出逢うことになった。砂浜の脇に点々と黄色と赤い花が続いている。名前を調べると、コマツヨイグサとオオバナノコマツヨイグサ名前が見つかった。ラッパ形で直径が2センチほどの花を持っていたので、コマツヨイグサとした(オオバナノコマツヨイグサは直径が4センチほど)。
花は黄色で、萎むと赤くなる。不思議な変身〜これも悪くない。

北アメリカ原産の帰化植物で2年草。乾いた砂地に生え、茎は斜上するか地を這う。
花期はふつう7〜8月。

2006.10.21 神奈川県三浦半島
2006.10.21 神奈川県三浦半島画像にポインターをおいて下さい)
2006.10.21 神奈川県三浦半島