コバンノキ

トウダイグサ科 コミカンソウ属

  
2008.5.11 島根県


川岸や崖地に生える落葉低木で、高さは2〜3メートルになる。葉は互生するが、小枝の左右に2裂に並ぶので羽状複葉にみえる。葉身は卵形又は楕円形で全縁、無毛。
雌雄同株で、葉腋に小さな花を数個ずつ束生する。雄花の萼片は暗紫色で平開し、雌花の萼片は淡緑色で平開しない。花期は4〜5月。岐阜・福井県以西、四国、九州、沖縄県に分布する。


〜徒然想〜

“コバンノキというのだそうです。”
案内人の指の先には、びっしりと赤い花を付けた小枝がありました。色といい、花の付き方といい、名前といい、初めて見る木の花を興味深く眺めました。

さて、この原稿を書いたのは1月の終わりです。案内人からの情報によれば、今年は雪が多く、この道は雪のため通行止めになっているそうです。コバンノキも雪に埋もれているのでしょうか。
それでも着実に芽をふくらませ、春を待っているに違いありません。

葉の形が小判に似ているからこの名がついたといわれています。


2008.5.11 島根県 2008.5.11 島根県(画像にポインターをおいて下さい)