キヌタソウ

アカネ科 ヤエムグラ属



山地の林縁に生える多年草で、茎は直立して高さ30〜60センチになり、ほとんど枝分かれしない。葉は4枚輪生し、柄がなく卵状披針形〜卵形で、先は尾状に細く尖り、3脈が目立つ。
茎の上部に集散花序をつくり、まばらに小さな花を付ける。花冠は白色で4裂し、直径2.5ミリほど。花期は7〜9月。



〜徒然想〜

いつものことだが、北岳へのスタートはバスを降りた登山者で行列状態。足の速い登山者は、しばらく我慢の時間です。私は、例によって、足下を覗きながらのゆっくり登山、どんどん追い越されます。
先ほどから、小さいがよく目立つ花がみえるようになってきた。じっくり撮りたいところだが、三脚を広げるのは無理がある。
撮り忘れを気にしながらも、帰りに撮ることにしました。
静かになった、やや暗い帰り道。星がまたたくように白い花が続いていました。

2007.7.29 山梨県北岳(画像にポインターをおいて下さい)
2007.7.29 山梨県北岳
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery