キンギンソウ

ラン科 シュスラン属



山地の林縁などに生える多年草で、高さは30センチほど。葉は下部に5〜10個付き、長楕円形、多少肉質で柔らかい。
茎の先端の穂状花序に多数の白色花を密に付ける。花は下から咲き始め、花期は1月ほど続く。
唇弁は次第に白色から黄色に退色し、花穂の中に2色が混じることから金銀草の名がある。花期は3〜5月。屋久島、沖縄、小笠原に分布する。



〜徒然想〜

昨年3月に来たときはまだ蕾だったので、なおさら出逢いたかった花です。
確かこのあたりだったと、車の中から探します。
”ありました!”
さすがにKさんは目聡い。草の間にすくっと立ち上がっていました。
昨年よりも一月も遅い時期なのに開花したばかりの様子で、まだ上のほうは蕾です。でも、丁度この位がバランスよく綺麗です。
1つの花を覗くと、やはりシュスランの仲間です。萼弁を三角形に広げ、バランスよく花開いています。


-同じ科の植物-
2008.4.12 沖縄県本島(画像にポインターをおいて下さい)
   2008.4.12 沖縄県本島  
  後方はカクチョウラン  2015.5.7 鹿児島県  
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery