ケラマツツジ

ツツジ科 ツツジ属



低地〜山地の渓流沿い、崖地、林縁などに生える常緑低木で、高さ1〜2メートルになる。葉は互生し、楕円形〜長楕円形で、長さ3〜12センチ、表面は濃い緑色で両面に剛毛がある。
枝先に2〜4個の朱赤色の花をつける。直径は4.5〜6センチで、5中裂する。萼片は楕円形又は卵形で先は丸く、縁辺に長毛と短い腺毛を混生する。
奄美大島〜慶良間諸島の固有種。



〜徒然想〜

遠く海に落ち込む山肌に赤い点がいくつかみえた。ケラマツツジと教えられたが、とても写真に撮れる距離ではない。
つい先ほど、道路脇の崖に咲く1メートルほどの株を撮影してきたばかりだが、この距離でも鮮やかな赤がよくわかる。人の近寄れない山の中で、どれほど大きな株に育っているのか、しばし撮影を忘れて、その姿を想像した。

2007.3.18 沖縄県(本島)(画像にポインターをおいて下さい)
2007.3.18 沖縄県(本島)