ホソエノアザミ

キク科 アザミ属



登山道には名が分からないアザミの林が続いている。背の高さは高いものは1.5メートルほど。それほど美しいとは思えなかったが、名前が分からないのは悔しい。苞や葉の特徴を捉えて写真を撮っておくことにした。
それでも図鑑等との典型種とは微妙な違いがみられ、同定に悩むことになった。


山地の林内などに生える多年草で、高さ1メートルほど。葉は長さ20〜40センチで、羽状に中裂する。裂片は必ず開出し、刺針がある。頭花は細い柄があり、総状につく。総苞は筒状で粘らない。総苞片は強く反り返る。
開出とは、葉や枝が分岐するときや毛が生えているとき、広い角度で出る状態のことをいう。

2006.9.16 東京都奥多摩(画像にポインターをおいて下さい)
2006.9.16 東京都奥多摩