ヒメトケンラン

ラン科 ヒメトケンラン属


主に常緑広葉樹林下に生える地生の多年草で、花茎の高さ20〜30センチ。葉は長楕円状広披針形で先は尖り、表面に白色の斑紋がある。
花被片は褐色で、唇弁は黄色、3浅裂する。側弁は目立たず、中裂片は横長楕円形で3条の隆起腺がある。
伊豆七島、四国南部、九州、沖縄県に分布する。


〜徒然想〜

撮影を始めてから、だいぶ時間が経っていますが、皆さんまだ撮影しています。
あこがれの森に入り、初めて見るランだけに、皆、撮影に没頭し時間を忘れているようです。薄暗いし、わずかな風に揺れるので、撮影に苦労もしているのでしょう。私も、もう少し撮影を続けることにしました。
デジカメの特典で数多くシャッターを押しましたが、何度押してもちゃんと写っているか不安が残ります。

まだ森に入ったばかりで、先は長いです。そろそろ次の花を探しに進まなければ・・・。心を残しながら、ヒメトケンランをあとにしました。


-同じ科の植物-
2007.3.18 沖縄県(本島)(画像にポインターをおいて下さい)
 2007.3.18 沖縄県(本島)    2007.3.18 沖縄県(本島)
   2015.3.7 沖縄県  
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery