ヒメフウロ

フウロソウ科 フウロソウ属



本州中部地方と四国(剣山)の石灰岩地に生える1〜2年草で、高さは20〜60センチ。全体に開出毛が多い。葉は3全裂し、さらに1〜2回羽状に深裂する。
花は淡紅色で、直径1.5センチほど。萼片には腺毛がある。花期は5〜8月。



〜徒然想〜

私が伊吹山で見たヒメフウロは、図鑑やネット情報とはずいぶん違った姿でした。花の直径は1センチにも満たないでしょう。背丈も10センチもありません。岩壁に貼り付くように生えていました。
伊吹山を案内している方に尋ねると、伊吹山でも数を減らしているとのことで、花の案内パンフレットに記載されていても、見られなくなっている場所がありました。

一方で、四国では数を増やしているようで、花仲間が、背丈もずっと高く、茂るように咲く画像を紹介してくれました。
伊吹山のヒメフウロが変わりつつあるのか、確認の必要がありそうです。


−同じ科の植物−

2009.8.7 滋賀県伊吹山
2009.8.7 滋賀県伊吹山(画像にポインターをおいて下さい)
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery