フウトウカズラ

コショウ科 コショウ属


海岸近くの林内に生える常緑のツル性植物で、節から気根を出して岩や木にはい登る。葉は互生し、卵形〜長卵形、やや厚く、つやがある。
雌雄異株で、茎の先に3〜8センチの穂状花序を垂らす。花期は5〜6月。関東地方南部以西、四国、九州、沖縄、小笠原に分布する。


〜徒然想〜

今日の最後の観察地から戻り、心地よい疲れの中で見つかりました。登山道の入り口で、ご神木のような大木に絡みついていました。

特段感動するものはありませんでしたが、初めて見る植物は、やはり新鮮です。
といいながらも、手持ちでバシャバシャ撮るだけ、手抜きの撮影です。

その後、果実にも出逢うことができ、こちらはびっしりと付いた朱色の実が印象的でした。

−同じ科の植物−

2008.4.13 沖縄県本島
2008.4.13 沖縄県本島     2008.4.13 沖縄県本島
2015.12.17 沖縄県本島    2015.12.17 沖縄県本島 
     
 2015.5.7 鹿児島県   2015.5.7 鹿児島県