フサザクラ

フサザクラ科 フサザクラ属

今日の花散歩の目的の一つはフサザクラ。一昨年高尾の林道の奥で見つけていたが、まだ開花が十分でなかった。
図鑑でこの花をみる機会があり、林道の奥のフサザクラ思い出した。そろそろ咲いているはず〜期待の花散歩です。 花は満開でした!! 
それにしても不思議な姿をしている。とてもサクラの名がふさわしいとは思えない。でも、きれいです。写真の撮り映えがする姿です。さて、できばえは・・・・・・!

湿気の多い川沿いなどに生える落葉高木で、高さは15メートルほどになり、大きく枝を広げる。
雌雄同株で、葉の展開前に赤紫色の花を房状にぶら下げる。花といいましたが、これは雄しべで、花弁はない。雌しべは雄しべの根元にある。
葉は互生し、広卵形、不揃いの粗い鋸歯がある。花後に展開する葉の様子からサクラの名がついたようです。
2007.3.10 東京都裏高尾
2007.3.10 東京都裏高尾(画像にポインターをおいて下さい)
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery