バイカオウレン

キンポウゲ科 オウレン属



山地〜亜高山帯のやや湿った林下や林縁に生える多年草で、高さは5〜15センチ。小葉は5枚あり、先は3裂し、光沢がある。
花弁状の萼片は上向きに1個ずつ付き、白色で、ふつう5枚。花弁は黄色。花期は4〜6月。本州福島県以南〜四国に分布する。



〜徒然想〜

この花は、早いところでは4月から咲き始めます。八ヶ岳山麓の樹林帯では、各所でちらほら見られるものの、7月ではさすがに残り花状態です。
和名のとおり、梅の花のようにふっくらしているはずですが、やや痩せています。前日の雨にも叩かれたのでしょう。きれいな花は残り少なくなっています。

写真は、木陰で群れていた一部を何とか撮ったものです。きれいな花を選ぶアングルに苦労しました。
ミツバオウレンも、3花ほど残っていました。

南アルプスのバイカオウレンを追加しました。

−同じ科の植物−

2009.7.11 長野県八ヶ岳
 2009.7.11 長野県八ヶ岳   2010.6.12 長野県南アルプス 
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery