ウスユキトウヒレン

キク科 トウヒレン属



高山の砂礫地や草地に生える多年草で、高さは5〜20センチ。全体にクモ毛や縮毛があり、白っぽく見える。葉は卵形〜披針形まで変化が多い。
頭花は数個まとまって付く。花期は7〜9月。北海道に分布する。



〜徒然想〜

大雪にはウスユキトウヒレンの他に、ユキバトウヒレン、ホソバエゾヒゴタイ、タカネキタアザミ、ユキバタカネキタアザミ、オオタカネキタアザミがあるとされ、いずれもウスユキトウヒレンの品種とされています。

今回の大雪花旅では、多くのウスユキトウヒレンとその仲間を見て、写真を撮りました。葉の幅が広いもの、狭いもの、縁が波打つものとそうでないもの、葉裏が白いものやその程度が少ないもの、茎が高いと思われるもの、・・・・・・。
しかし、これらを全て仕分けし、それぞれユキバトウヒレン、ホソバエゾヒゴタイ、オオタカネキタアザミ、・・・であると言い切るには難しいものがあります。
変化が連続的で、どの程度葉裏が白ければユキバトウヒレンというのか、どの程度葉が細ければホソバエゾヒゴタイというのか、判断に迷います。これらの判断基準を記した解説書等はみつかりませんでした。

−同じ科の植物−


2009.8.16 北海道大雪


            甚だ心許ないものがありますが、このHPでは、見たときの記憶と
            画像の程度(葉裏の白、葉幅)の自己判断で、一応仕分けをしておきます。
            誤りは、是非ご指摘をお願いいたします。

                             オオタカネキタアザミ
                               ↑
                             (背が高い)
                               ↑
    ホソバエゾヒゴタイ ←(葉幅が細い)← ウスユキトウヒレン →(葉裏が白い)→ ユキバトウヒレン
                               ↓
                             (葉幅が広く、基部がハート形)
                               ↓
                             タカネキタアザミ →(葉裏が白い)→ ユキバタカネキタアザミ


2009.8.16 北海道大雪 2009.8.16 北海道大雪
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery