ウラジロタデ

タデ科 タデ属



高山帯の礫地や岩場に生える多年草で、高さは30〜100センチ。雌雄異株。葉の裏面は綿毛が密生して白い。
花序は円錐形で短毛を密生する。花は黄白色で、5深裂する。花期は6〜10月。北海道、北アルプスなどに分布する。



〜徒然想〜

あっ、せっかく葉裏を確認したのに、撮っておくのを忘れてしまいました。わずかに葉裏が白い画像と白馬岳で撮ったということでご容赦を、というところです。

オンタデとウラジロタデはよく似ています。当初は、八ヶ岳や北岳でオンタデに出逢う度に、葉を裏返して白いものはないかと探したものです。無知な努力をしたものです。
オンタデとウラジロタデは分布域を異にしていました。白馬岳にはウラジロタデだけがあり、槍ヶ岳、穂高岳、乗鞍岳、中央・南アルプスにはオンタデだけがあるようです。


2008.8.11 長野県白馬岳
2008.8.11 長野県白馬岳
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery