オオヤマハコベ

ナデシコ科 ハコベ属

アルバムの中に1枚のオオヤマハコベの写真があったが、ピントが甘く撮り直しの機会をずっと願っていた。
ようやく巡ってきたのは奥多摩の下山道。しかし、あいにく風が強く吹き上げ、やや暗い。ほぼお手上げ状態の撮影になった。
高尾山での出逢いがうれしく、リキを入れて撮影したが・・・・・・。

山地の湿った林内に生える多年草で、高さ40〜80センチ。茎は細く、上部で分枝、葉腋から柄を出し集散状に白い花をつける。花弁は5個で、ハサミ状に先が2深裂する。直径は1センチ以下で、萼片よりも花弁が短い。
葉は対生、短柄があり、長さ5〜10センチの長楕円形状披針形、縁は全縁で波を打つ。
2006.10.7 東京都高尾山(画像にポインターをおいて下さい)
2006.10.7 東京都高尾山(画像にポインターをおいて下さい)
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery