オキナワテンナンショウ(葉)

サトイモ科 テンナンショウ属



沖縄県本島の石灰岩山地の樹林下に生える多年草で、高さは70センチほどになる。



〜徒然想〜

関東からの遠征組2人は、昼食の時間も惜しんで、先にスタートします。確かこの辺だったとの合図で、Kさんはどんどん林に入り込みます。
臆病な私は、恐る恐る身を引きながら、林の縁を探します。
そうです、ハブです。
森は薄暗く湿気があります。いかにもハブが潜んでいそうで、身がすくみます。
それでも、”ありました!”の声に、勇気を奮います。
残念ながら花は付けていませんでした。
当分は、尊敬する”野の花賛花”をみて、花を付けた姿を想像することになりそうです。

2008.4.13  沖縄県本島
2008.4.13  沖縄県本島