イワシモツケ

バラ科 シモツケ属



亜高山帯の蛇紋岩地や石灰岩地に生える落葉低木で、高さは2メートルほどになる。葉は倒卵状長楕円形〜円形で、先端は丸く、全縁又は先端に鈍い鋸歯がある。
枝先の散房花序に多数の花を付ける。花は白色で5弁、直径7〜10ミリ。花期は5〜7月。近畿地方以北の本州に分布する。



〜徒然想〜

これも白い花で、白飛びには苦労しました。特に、2008年の至仏山ではカメラを新しくしたので、その癖を掴むのに苦労しました。
ISO感度をオートに設定すると100〜800までの自動設定ですので、花の周りの暗さに合わせ感度を上げてしまいます。そのため、花は白く飛んでしまいました。こんなことは初めてで、びっくり、がっかりです。

カメラの説明書を読み直して、翌週再び至仏山に向かいます。ISO感度のオート解除、露出測定範囲の設定などで、癖に対応します。

2008.7.12 群馬県至仏山
2008.7.20 群馬県至仏山
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery