イワニンジン

セリ科 シシウド属



山地の岩礫地に生える多年草で、高さは30〜100センチ。葉は1〜2回3出複葉、小葉は卵形〜広卵形で粗い鋸歯があり、先が尖る。
複散形花序に緑白色又は帯紫色の小花を多数付ける。花期は8〜10月。関東、中部地方に分布する。



〜徒然想〜

咲いているのか分からないほどの小さな花を付けています。しかも、全体が緑色で目立たず、美しいというにはほど遠い姿です。

しかし、アップの画像をみて、出逢いの時の想いを変えることになりました。
意図して撮ったわけでもないのですが、その場では見えなかった造形があり、美しい一面を残せたことに、なぜかほっとします。

2008.9.28 神奈川県箱根(画像にポインターをおいて下さい)
2008.9.28 神奈川県箱根
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery