イソノギク

キク科 シオン属


南西諸島の海岸の岩場や草原に生える多年草で、草丈20センチほどになる。茎葉はへら形で全縁、根生葉はロゼッタ状。
頭花は径3センチほどで、舌状花は白色〜ごく淡い紫色。小花の冠毛は長冠毛。



〜徒然想〜

1年中花を付けるが、沖縄では6月が盛期。海岸の岩場に続く草原に咲いていた。白く煙る雨の中でもよく目立ち、若葉色との相性がいい。
すぐ側には、ずっと小さな白い花があり、こちらはソナレムグラ。目線を上げれば大きな海と空に続く。

東京に帰り写真を見ながら、晴れたときの風景を想い描く。草原に咲く白い野菊と、奥に広がる青い海と空。なぜか一人たたずむ自分の姿・・・

2007.9.8 沖縄本島(画像にポインターをおいて下さい)
2007.9.8 沖縄本島(画像にポインターをおいて下さい)