ハマツメクサ

ナデシコ科 ツメクサ属



海岸の日当たりのいい草地や岩地に生える1年草又は多年草で、ツメクサに似るが、茎は太く、高さ5〜25センチほどになる。葉は針形で厚い。
花は白色で、直径6ミリほど。花期は4〜8月。



〜徒然想〜

海岸に下りる途中から道端に見え、気になってきました。更に下りると公園の芝の上にもマット状に広がり、小さな白い花が次第に目立つようになってきていまた。
ハコベやツメクサの仲間と思うのですが、花弁の形や葉は覚えがありません。佐渡の地で、またもや初見のゲットを確信し、図鑑で調べるのが楽しみになりました。
ウシオツメクサは佐渡地方の特産ではなく各所に分布します。帰化植物のようでもあり、ちょっと拍子抜けです。

ハマツメクサとウシオツメクサとの違いを教えてくださいとのメールを頂き、精査しましたら、画像はハマツメクサの誤りのようです。ウシオツメクサ→ハマツメクサに修正いたしました。
メールを頂いた"やまそだちさん"には、心より感謝いたします。


2007.6.2 新潟県佐渡市(画像にポインターをおいて下さい)
2007.6.2 新潟県佐渡市(画像にポインターをおいて下さい)
2007.6.2 新潟県佐渡市