エゾツツジ

ツツジ科 エゾツツジ属


高山帯に生える落葉小低木で、茎は地を這い上部は斜上して高さ10〜30センチになる。葉は倒卵形で先は円く、鋸歯はなく、縁や両面に粗い毛がある。
花冠は濃紅紫色で、径3〜4センチのロート状、5深裂し、上の裂片には褐色の斑点がある。柄と萼筒には腺毛があり粘る。花期は6〜8月。
東北地方北部〜北海道に分布する。



〜徒然想〜

最初は蕾のものが多く、花期には少し早かったのかと思いながら歩を進めていると、時間と共に花が開いているものが多くなってきた。
これがエゾツツジかと、事前に覚えてきた花との出逢いに、開花するものが増えてくるにつれだんだんとうれしなってきました。
大雪の大地でよく目立ち、遠見でもよく分かる。腹這いになって、雪山を背景に撮ります。

2007.7.9 北海道大雪
エゾツツジ
チシマキンレイカ
エゾハハコヨモギ
ミヤマクロスゲ?
ウスユキトウヒレン?
2007.7.9 北海道大雪
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery