エゾオオバコ

オオバコ科 オオバコ属



海岸の砂地に生える多年草で、葉や花茎など、全体に白色の軟毛が生えるのが特徴。
高さ15〜30センチほどの花茎1〜7本のばし、穂状花序に多数の白色の花を密に付ける。花期は5〜8月。
エゾの名が付くが、北海道だけでなく、本州、九州の主に日本海側に分布する。


〜徒然想〜


北海道の海辺の砂地脇に、葉や茎がびっしりと毛に覆われたオオバコがあった。毛のために、植物全体が白く見える。毛が水を含み、光を反射しているようにも見える。
オオバコといえば、子供の頃、2本を絡ませて引っ張りあい強さを競った憶えがある。北海道の子供たちは、そんな遊びをしただろうか。
それよりも、大地を駆けめぐる北海道の子供たちの姿が想い浮かんできた。


2007.6.2 新潟県佐渡市(画像にポインターをおいて下さい)
2007.6.2 新潟県佐渡市
2007.6.2 新潟県佐渡市
  
2007.6.2 新潟県佐渡市