エゾムカシヨモギ

キク科エゾムカシヨモギ属



花弁が異常にやせたキク科の植物に出逢う。一見すると終期の花のようで、ちょっとみすぼらしい。しかし、ファインダーを通して見ると、これがなかなか美しい。うす紫色の花が、緑の背景に浮き上がっている。

亜高山〜高山帯の開けた草地に生える多年草で、高さ10〜50センチ。茎は上部で分枝し、茎頂に直径1〜1.5センチの頭花をつける。
舌状花は、最初は白く、次第にやせて紫色を帯びるように思える。
茎や総苞には硬い毛が多い。葉は長楕円形で、長さ5〜7センチ、低い鋸歯が0〜3個ある。

2006.7.30 長野県八ヶ岳
2004.7.24 長野県八ヶ岳
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery