エゾクロクモソウ

ユキノシタ科 ユキノシタ属



山地の湿った草地などに生える多年草で、高さは10〜40センチ。葉は全て根元から出て、葉は長い柄があり腎円形で、三角状に整った鋸歯がある。
花は、円錐花序に、小さな花を多数付ける。花冠は暗紫色〜緑褐色で5弁。クロクモソウに比べ、花茎に縮毛がなく、花序に短い腺毛がある。
花期は7〜8月。北海道に分布する。



〜徒然想〜

北海道黒岳山麓の木の奧でみつけました。木が邪魔して、撮影し難い状況です。
花は小さく、開花しているのかさえもみえません。同行者の “咲いている” を頼りに数を撮りますが、案の定、大半はピンぼけです。

クロクモソウに比べ葉の鋸歯が細かく多いように思えましたが、違いは無いようです。


−同じ科の植物−

2009.8.17 北海道大雪
2009.8.17 北海道大雪 2009.8.17 北海道大雪