エゾヒョウタンボク

スイカズラ科 スイカズラ属



北海道、本州北部などの山地に生える落葉小低木で、よく分枝し、高さ2〜3メートルになる。葉は対生し、卵形〜楕円形、全縁で両面に毛がある。
葉腋から出た花柄の先に2個の花を付ける。花は淡緑黄色で、しばしば褐赤色を帯び、花冠は長さ1センチ余りの唇形で、上唇は4裂する。花期は5〜6月。



〜徒然想〜

雨が降り続くので、記念程度の撮影です。
周回道を左右に分かれた若者のパーティーと、ここで再び行き違います。どの顔も雨に濡れ、さらに疲れたような顔つきです。それでもきちんと挨拶を交わす、礼儀正しい若者達です。

初めて訪れたアポイ岳は、花の開花が早く、ヒダカソウもすでに終わり、雨にもたたられることになってしまいました。しかし、行き交うパーティーは皆マナーがよく、特に植物を大切に想う若者たちの姿が各所で見られました。何よりの収穫です。

花の山アポイ岳が、いつまでも花の山でありますように!

2008.5.25 北海道アポイ岳(画像にポインターをおいて下さい)
2008.5.25 北海道アポイ岳(画像にポインターをおいて下さい)