エキサイゼリ

セリ科 エキサイゼリ属



湿地に生える多年草で、茎は下から分枝し、10〜30センチほど。小葉は1〜4対で、長卵形〜卵形、無柄。
花序は小さく、花は白色。花期は5月頃。
果実は分果の隆条が太く、コルク質で、接しあい、分果柄が全くない。関東地方と愛知県に産する。
名は発見者の前田益斎に由来する。



〜徒然想〜

“エキサイゼリです。これも稀少種です。”
案内人の言葉で足下をみると、小さくひ弱そうな植物が地をはっていた。
残念ながら、ほとんどが実になり、花は僅かに残るのみ。葉の鋸歯は鋭い。
実を見ながらヤブジラミを思い浮かべてしまったのは、やはりセリ科ということだろう。
この広大な地の何気ない道端に貴重な植物が生育する。大切に見守らなければ、ちょっとした変化で、ひ弱な植物は消えていくだろう。

2007.5.27 栃木県(画像にポインターをおいて下さい)
2007.5.27 栃木県(画像にポインターをおいて下さい)