アポイカラマツ

キンポウゲ科 カラマツソウ属



北海道アポイ岳の蛇紋岩地や太平山の石灰岩地に適応した品種で、背丈は20センチほど。
小葉が小さく、裏面に微腺毛が散生する。萼片と花糸は紫褐色。花期は6月。



〜徒然想〜

花の長さは7ミリほどだったでしょうか。カラマツソウとは思えない地味な花がぶら下がっています。
これから開花していくのか、既に終わりなのか、萎んだような姿です。

細長い枝で、風によく揺れます。デジカメの特典で、数打ちゃ当たると連続してシャッターを押します。
“数打ちゃ当たるのでしょうか!”
フィルムカメラ派のMさんの声が飛びます。

2008.5.25 北海道アポイ岳
2008.5.25 北海道アポイ岳 2008.5.25 北海道アポイ岳
2008.5.25 北海道アポイ岳