アケボノツツジ

ツツジ科 ツツジ属

近畿地方以西、四国、九州の深山に生える落葉低木で、高さは3〜5メートル。枝分かれがよく、輪生状に5枚の葉を付け、葉よりも先に淡紅色の花を付ける。花期は4〜5月。



〜徒然想〜

アケボノツツジの名は、地元の愛好家の方に教えてもらいました。指差す山の山頂に、淡いピンクの木が見えます。
残念ながら、山頂までは片道30分余りかかるとのことで、時間のない旅人は断念です。
車道からもいくつかみられ山を彩っていますが、いずれも距離があり、花のアップは撮れませんでした。

夜明けのあけぼの色にたとえて名前が付けられたとか、ほんとに赤みの少ないいい色具合です。
遠見でも、花は丸みがあり、柔らかな感じが分かります。

2008.5.8 愛媛県石鎚山
2008.5.8 愛媛県石鎚山
2008.5.8 愛媛県石鎚山