アカギキンポウゲ

キンポウゲ科 キンポウゲ属



ウマノアシガタ(キンポウゲ)の変種。本州中部に産し、茎や葉柄の毛が開出せずに寝る(屈毛)のが特徴。



〜徒然想〜

”アカギキンポウゲといいます!” 
今日の案内人のM氏に言われた先には、妙に弱々しいキンポウゲが1株ありました。ここは、車が行き交う道路脇です。車が通るたびに大きく揺れます。
本来ならもっと綺麗な黄色い姿を見せてくれるのだろうが、あいにくの場所に顔を出し薄汚れた様子に、同行者の誰もが熱心に撮影しなかったようです。
群馬県の赤城山で発見されたことが名の由来とか。次は綺麗な個体を赤城山で撮ることにします。


2007.5.26 長野県
2007.5.26 長野県
2007.5.26 長野県