エゾノタチツボスミレ

スミレ科

他の草に埋もれるように咲くスミレに出逢いました。エゾノタチツボスミレと教えられ、初めて出逢うスミレにに夢中でシャッターを押す。
茎は直立し、心形、卵形、三角状卵形と、変異ある葉を出す。葉脈がくぼみ気味なのと、鋭く切れ込む托葉が特徴です。出逢ったこの種は高さが20センチ位でしたが、40センチ位にもなるようで、背が高いのも特徴でしょう。その割には、花は小さく、正面から見ると2センチ位。側弁に密毛がある。出逢った花色は白でしたが、淡紅色や紫色がある。
2006.5.27 長野県八ヶ岳
2006.6.3 長野県八ヶ岳
拓葉
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery