アオノツガザクラ

ツツジ科 ツガザクラ属


高山帯の雪田跡草地、礫地などに生える常緑小低木で、高さは10〜30センチ。葉は広線形で、細鋸歯がある。
花は枝先に4〜10個下向きにつき、黄緑色で壺形、直径6〜7ミリ。萼や花柄には密に腺毛がある。花期は7〜8月。本州中部地方以北〜北海道に分布する。



〜徒然想〜

三股から常念岳に登る途中、ほどよく疲れて二度目の小休止を取ったとき、ふと足元を見たらこの花が目に入りました。夢中で撮っていると、追い越す人が「前にもありましたね」、と一言。
私には目に入らなかったーー!
花探しとはこんなものでしょうか。目を凝らして歩いていても、見つからないときはあます。出逢いを大切にしたいです。
木曽駒ケ岳には、いたるところにあるという。

その後の出逢いは多い。その分感動が薄れていくのに気おくれを感じています。

日本では緑のことをしばしば「アオ」と呼ぶことがあります。葉がコメツガに似て、ツガザクラの仲間なので、アオノツガザクラの名が付きました。

-同じ科の植物-
2005.6.25 長野県常念岳


2005.6.25 長野県常念岳
 2013.7.21 山形県
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery