ノブドウ

ブドウ科 ノブドウ属

 
2018.7.13 北海道   2018.7.13 北海道

山野の道端、林縁などに生えるつる性の落葉木本。葉は卵形で、3〜5裂し、基部は心形、先は尖り、縁には粗い鋸歯がある。裏面脈上には粗い毛がある。
集散花序に黄緑色の小さい花を多数付ける。果実(液果)は球形で、直径6〜8ミリ、淡紫色や藍色に熟す。花期は 6〜8月。北海道〜沖縄県に分布する。


〜徒然想〜

実はよく見かけるものの花を撮る機会はありませんでした。目立たない小さな花ですし、葉に隠れてしまうことが多いので、無理ないことだったかもしれません。
注意して探すこともしていませんでした。

図鑑で調べていると、ちょっと面白いことが・・・。
球形の実は紫、紅、青や斑模様に色付きますが、これらはほとんどが虫こぶで、正常な実はまずないということです。初めて知りました。驚きです。

−同じ科の植物−

   2018.7.13 北海道