トウサワトラノオ

サクラソウ科 オカトラノオ属



田や湿地などに生える多年草で、高さは10〜50センチ。葉はへら形〜倒披心形。
花は総状花序に白色の花を多数付ける。花弁は5裂し、先は尖る。葯は黄色。花期は4〜5月。愛知県と栃木県に隔離分布する。



〜徒然想〜

この花の名は古くから知っていましたが、愛知県はいかにも遠くずっと躊躇していました。自生地も、今一はっきりしません。
そんな中、花仲間のHPにこの花が紹介されたのです。
栃木県ならばと情報を収集し、生えていそうな環境を求めて現地に向かいます。

ここで幸運がありました。畑の整備をしていた方にトウサワトラノオのことを尋ねたら知っていたのです。しかも、すぐそばまで来ていたのです。自分の探索力に自画自賛です。

自生地はよく整備されていました。関係者の保護の賜物です。土手下一面に白い花が広がっています。1株だけを撮るのが難しいほど、びっしりと群生しています。
撮影していると、土手の上から声がかかります。心温まる挨拶です。

−同じ科の植物−
2014.5.17 栃木県
2014.5.17 栃木県     2014.5.17 栃木県
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery