タイワンルリソウ

ムラサキ科 オオルリソウ属



山間の草地などに生える2年草で、高さは30〜70センチ。茎は短い圧毛が多く灰白色に見える。葉は狭長楕円形で、先はやや鈍頭。
花は長さ10〜20センチの花序の先にやや密に付く。花は直径3ミリほどで、白色〜淡青紫色。分果は長さ3ミリほど、刺がある。南九州〜沖縄県に分布する。



〜徒然想〜

環境省絶滅危惧TA類の植物です。
ユウレイランの場所から100メートルほど離れた道端草地に生えていました。
花は小さく、枝分かれした先に沢山付くものの、背景が高い草なので紛れてしまいます。撮りにくいこと、この上もないです。
幸いにも道路の反対側に、やや暗い背景でこの花が生えていたので、全草や花のアップを撮影することができました。


-同じ科の植物-
2015.5.30 鹿児島県
 2015.5.30 鹿児島県    2015.5.30 鹿児島県
2015.5.30 鹿児島県     2015.5.30 鹿児島県