シマガマズミ

スイカズラ科 ガマズミ属

    
2012.7.1 東京都伊豆七島   2012.7.1 東京都伊豆七島

伊豆諸島に生育する固有種。山野の日当りの良い道端や明るい林縁などに生える落葉低木で、ガマズミの島嶼型。葉は厚くやや光沢があり、裏に星状毛が多い。葉は対生し、中程が広くなった卵形、葉先は急に尖る。
花は、4〜5月に枝先に白い小型の花をかたまって咲かせる。秋に赤い実を付ける。
環境省絶滅危惧II類(VU)。


〜徒然想〜

登山道を登り始めて間もなく、足下の草木に紛れて生えていました。
花は既に終わり実になっていましたが、まだ赤く熟すほどではありません。ガマズミの花は白い集合花で、多分同じでしょう。
島特有の変化で、葉が厚く光沢があるのが特徴のようです。
葉や緑の実を見ながら、本土のガマズミの花を想像して撮影しました。

−同じ科の植物−