ムカデラン

ラン科 ムカデラン属

 
2017.7.28 静岡県   2017.7.28 静岡県

暖温帯の樹幹や岩上に着生する多年草。茎はまばらに分枝しながら長く這って伸びる。茎の節ごとに短い気根を出して接着する。葉は互生し、革質で棒状。
花は葉鞘から短い花茎を出して1個付き、直径1センチほど、淡紅紫色で、唇弁は淡黄色で3裂する。花期は7〜8月。関東地方〜九州に分布する。


〜徒然想〜

天然記念物として報告されている自生地があるものの、極めて産地が限られた植物です。
ネットでは、高い場所だったり、崖地だったりで、怖い思いで撮影した報告がされています。臆病な私としては、とてもそんな場所にチャレンジする気になれません。

縁あって自生地を知る機会に恵まれました。ありがたいことです。
しかし、自生地に着くと例にもれず足場は悪く、危険な場所です。花が小さいのでアップで撮るには距離があります。望遠レンズ等を屈指しましたが、撮れた画像は掲載のとおりです(いずれの画像もトリミングしています。)。

花の数は多いものの、やや終わりかけです。次回は、絶好の花期を見極め、もう少し撮り方を工夫して花のアップを撮りたいです。

−同じ科の植物−

  
   2017.7.28 静岡県  
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery