カンガレイ

カヤツリグサ科 ホタルイ属



池、沼、川などの水辺に生える多年草で、高さは50〜120センチ。茎は三角形で、稜に不規則な突起物があり、ざらつく。
茎の先に長さ3〜7センチの苞が1個直立又は開出し、その基部に4〜10個の小穂が固まって付く。小穂は長楕円形で鋭頭。柱頭は3個。果実は倒卵形で、光沢のある赤褐色。果期は8〜10月。日本全土に分布する。



〜徒然想〜

湿原の一角に、この名の看板がありました。果期に入っているのでしょう。果実のみならず、茎全体が黒く変色したものも見られました。

カヤツリグサ科は名前が分からないものが多いです。あとで図鑑で調べようと撮影はしておくのですが、同定に迷うものが多く、どうしても後回しになってしまいます。その点、名の看板は助かります。

図鑑で調べると、大雪で撮ったタカネクロスゲと同属でした。姿はあまり似ていません。どこが共通で同属なのか、カヤツリグサ科の分類は難しいです。

−同じ科の植物−
2012.9.29 宮崎県
 2012.9.29 宮崎県    2012.9.29 宮崎県