カジイチゴ

バラ科 キイチゴ属



海岸近くに生育する落葉低木で、高さは2〜3メートルほどになる。よく枝分かれして、ふつう棘はない。葉は広卵形で、掌状に3〜7裂する。
花は上向きに咲き、白色で、直径4センチほど。花期は3〜5月。果実は集合果で、5〜6月に橙色に熟す。関東以西の太平洋側、伊豆諸島、四国、九州に分布する。



〜徒然想〜

こちらはカジイチゴのようです。葉が掌状で5裂し特徴的だったので、しっかり撮ったつもりでしたが、カジイチゴの葉は3〜7裂します。5裂の葉だけでは、心許ない同定になってしまいました。

暖かい八丈島といえども、2月はまだ寒く、花はほとんど見ることができません。そんな中で見られた花は貴重で、白い花をみつけてすぐに車を停めます。
同行者の口からはカジイチゴの名がすぐに出てきましたが、傍らには葉の形が違うキイチゴもみられました。後で調べて、こちらはハチジョウクサイチゴと分かりました。


−同じ科の植物−

2010.2.20 伊豆八丈島
 2010.2.20 伊豆八丈島    2010.2.20 伊豆八丈島
   2010.2.20 伊豆八丈島