ヒメシラスゲ

カヤツリグサ科 スゲ属



山地の湿地や渓流の縁などに生える多年草で、高さは20〜30センチ。根茎は短く叢生し、茎には鋭い3稜がある。
小穂は茎の上部に集まり、頂小穂は雄性、側小穂は雌性。果期は5〜7月。北海道〜九州に分布する。



〜徒然想〜

夕張岳登山にあたり、最初に撮影したのがこの植物です。
冷水コースから登り、直ぐにみつけました。三脚を出すのが面倒で、手持ちの撮影です。予測通り、鮮明な画像は残すことができませんでした。
まだまだこの種の植物には、身が入りません。画像を見直すと、いつもの反省だけが頭をもたげます。



−同じ科の植物−

2015.6.29 北海道
 2015.6.29 北海道    2015.6.29 北海道