ウロコマリ

ゴマノハグサ科 ウロコマリ属



常緑樹林下などに生える多年草で、高さは30〜60センチ。葉は卵状楕円形〜長楕円形で、先は鋭く尖り、波状の鋸歯がある。
花は枝先又は葉腋から花柄を出し、円筒状の小さな花が密集した穂状花序をつける。花冠は白色、筒形で、先は唇形となり、上唇は先が浅くへこみ、下唇は3裂する。花期は11〜4月。沖縄県に分布する。



〜徒然想〜

沖縄の方の案内で、オオナギランを探しに登った登山道脇でみつけた花です。
ウロコマリの名を教えていただきました。聞いたこともない名前でした。

あとで調べると、花穂にある苞が鱗のように見えるからのようです。いわれてみるとそのようにも見えますが、いつものことながら、命名には戸惑うことも多いです。
”ウロコマリ” 花の名前としては、ピンと来ないです。


-同じ科の植物-

2015.12.17 沖縄県
2015.12.17 沖縄県 2015.12.17 沖縄県