ウラジロハナヒリノキ

ツツジ科 イワナンテン属

    
2011.7.18 八方尾根  


亜高山〜高山帯の明るい地に生える落葉低木で、高さは1メートルほどになる。葉は互生し、卵状楕円形〜楕円形で先が尖り、葉裏は粉白色を帯びる。
枝先に総状花序を伸ばし、下向きに淡緑白色で、直径5ミリほどのつぶれた壺形の花を付ける。花期は6〜8月。東北〜中国地方の主に日本海側に分布する。


〜徒然想〜

八方尾根は何度か訪れたことがありますが、今回が一番天気はいいようです。今までは白馬岳が見えたことはありませんし、一度は天気が急転し雷雨となり、ゴンドラが止まったことがあります。今日はその心配はなさそうです。
白馬岳が目の前に見え、青空とのコントラストがきれいです。
流れる白い雲を追いながら、しばし腰を下ろして山の風景に浸ります。

ウラジロハナヒリノキの花は緑色で、目立ちません。過去の訪間時には見逃していたようです。何度か通った登山道脇に数多く見られました。

−同じ科の植物−


 2011.7.18 八方尾根   2011.7.18 八方尾根 
     
 2011.7.18 八方尾根    2011.7.18 八方尾根