アツバアサガオ

ヒルガオ科 サツマイモ属



海岸の砂浜に生えるつる性の多年草。葉は厚く、卵状長楕円形〜線状長楕円形で、先は鈍頭〜円頭、基部は円形〜心形。
花は2.5センチほどの柄の先に1〜3個付き、花冠は漏斗状で白色、直径4〜5センチ。花期は5〜10月?。九州南部〜沖縄県に分布する。



〜徒然想〜

”この花が見たくて自生地に通ってもう何度目だろう。他の自生地も入れると多分10度目の正直。やっと願が叶いました。” 
沖縄の花仲間のブログを引用させていただきました。
”この島の浜辺で見つかるだろうと思い探したが、花期が違うのか、減少しているのか、空振りばかりだった。” 
こちらは、多分最も南の島の植物を撮影していると思われる方のHPに記載され文章の引用です。

それほど出逢うのが難しい花でした。
それを知ったのは、帰宅し、この植物について調べた結果でした。
それを、たった一度の花探しで見ることができたとは・・・、現地では思いもしなかった喜びが湧き上がってきました。そして、申し訳ない気持ちも・・・。


-同じ科の植物-
2007.5.3 新潟県